■ everyで食器も洗えます(食洗機を使用)


油の洗浄に優れたeveryは、極少量で食器洗浄を可能にしました。

 

排水~浄水施設~自然の事を考えて、おおよその汚れはゴミ箱へ捨てましょう。

その際に便利なのがスクレーバー等のヘラの活用です。

 

 

 

 

 

■ 食器洗いの順番


 

①食器の汚れをヘラ等でゴミ箱へ

②everyを使用

 ●軽い汚れには水で20倍に薄めたeveryを食器にスプレー

 ●頑固な汚れにはエコたわしで取り除きスプレー

 ※通常のスポンジは使用しないで下さい。油脂がスポンジの気泡に入り使用が困難となります。

③食洗器へ入れスタート

極少量のeveryなら、すすぎの水も節水になります

スピードコース、節水コースやエコ等、機種に合わせお選び下さい。

  

 

 

 

 

■ everyのメリット&デメリット

 


 

 

 

■ メリット

洗剤の使用量が最小限で済みます

石鹸カスが出ない

配管が詰まりにくい

シンクがキレイになる

悪臭の軽減

 

■ デメリット

食器にスプレーをするのが面倒

スポンジでの手洗いに不向き

 

 

■その他でもキッチンで大活躍


 

キッチンには、家電や調理器具が多く、ついつい全てのお掃除が後回しになりがち。

everyなら、ストレスなく簡単にお掃除が出来るので、お掃除好きになっちゃうかも。

 

<頑固な汚れには>

火を使うIHやガスコンロ付近は放っておくと、油汚れに埃が付着して頑固な汚れへと変化しますよね。

そんな頑固な汚れには水で10倍に薄めたeveryをスプレーして下さい。

サッと拭き取るとまるで新品の輝きが復活します。

 

 

<普通の汚れには>

キッチン周りの普段の拭き掃除には水で20倍に薄めたeveryを使ってお掃除して下さい。

二度拭きも不要で、トップカウンターや、収納の扉、キッチン家電がスキッと輝きます。

 

 

<シンクには>

使い終わったシンクに、水で20倍に薄めたeveryをスプレーしましょう。

ゴシゴシ擦らなくても、翌朝にはピカピカになります。

また、使い続けることで配管も石鹸カスが軽減して、詰りの予防に繋がります。

 

 

 

 

眼に見えない場所は、ついつい後回しにしがちですが

配管の汚れもキレイにするeveryは虫が寄り付きにくくなります。

また、everyは98.5%生分解性なので

配管だけではなく、使用する家庭が増えれば浄水場や河川~海も汚しません。

将来の地球環境を守る一助となるでしょう。

 

 

 

  every商品ページはこちら