和の玄米オイル

和の玄米オイル

販売価格: 3,000円(税別)

(税込価格: 3,240円)

在庫数 12点
数量:

 食用米油は、原料の「米ぬか」から化学溶剤で油分だけを溶かして抽出します。

この製法では、油分に含まれているビタミン類や抗酸化物質などが

精製過程で捨てられてしまいます。

「和の玄米オイル」は「食べる米ぬか」を機械で圧搾。

太陽の恵みを丸ごと活かした油となっています

 

 

 

 

和の玄米オイル3つの大きな特徴

 

1.強力な抗酸化力 トコトリエール

 

天然の抗酸化成分、ビタミンEの数十倍の効力を持つトコトリエールが50mg/100gも含まれています。このトコトリエールは活性酸素を抑える働きがある他、動脈硬化の予防効果などが知られています。

 

 

 

2.美容と健康に効く ガンマオリザノール

 

「米ぬかにしか含まれない栄養機能成分」ガンマオリザノールが1270mg/100gもの高濃度で含まれます。これにも強力な抗酸化力があるので、活性酸素を抑える働きがある他、このガンマオリザノール単体が、そのままクスリとして中高年の生活習慣病、女性の更年期特有の症状、ストレス性の症状などの治療用に使われています。

そのための一日当たりの必要量30〜40mgは、本品ではわずか小さじ2〜3杯で摂取できます。

 

 

 

3.油の食物繊維 植物ステロール

 

植物油の中でも、玄米油には植物ステロールが1350mg/100gも断トツに多く含まれています。植物ステロールは身体の栄養になる油ではなく、それ自身がコレステロールの吸収を阻害する働きを持っています。そのため、油の食物繊維といわれており、血液中の余分なコレステロールを減らします。有難い事に、この植物ステロールは主に悪玉これステロールだけを減らし、善玉コレステロールには殆ど影響を及ぼいさないことも、最近の研究で明らかにされています。

 

 

 

一般の米油との比較

大豆油やコーン油など、リノール脂肪酸の食品油を過剰に摂り過ぎている現代人にとってこめ油は身体にいい油です。その米油と比べて和の玄米オイルは更に体にいい油なんです。

一般のこめ油(大豆油やコーン油と同じ製法によって)米ぬかに含まれるこめ油を化学溶剤や界面活性剤で抽出・精製するため、米ぬかが本来持っている成分が丸ごと活かされることなく精製過程で取り除かれてしまうからです。低温圧搾製法の和の玄米オイルはあえて透明瓶を使用。自然のままにこの独特の黄金色の油。この抗酸化力は仮に食卓などで(冷蔵庫に入れずに)2年間放置しても、光や酸素などで酸化することもなく過酸化物価(酸化の指標)は安定しています。

 

従来の米油と比べガンマーオリザノールの量が25倍

トコトリエノールや植物ステロールなどの有効成分もたっぷり入っています。

 

 

 

 

こだわりの物理製法

 

 

 

 

 

 

 

商品名
和の玄米オイル
原材料名
食用 米油
内容量

255g

製法
コールドプレス・ヴァージン
生産国
日本
保存方法
直射日光を避けて常温保存
賞味期限
製造日から2年
商品特徴
優れた栄養機能を丸ごと活かすため、国産コシヒカリから採った新鮮な"食べるための米ぬか"から、そのまま機械で搾油した玄米オイルです。

溶剤や界面活性剤で化学的に抽出・精油する一般の米油と比べて、その濃縮された「太陽の恵み」の量が格段に違います。

他の写真

  • グリルした野菜にかけてお召し上がりいただくと、栄養を摂取して頂けます。
  • 生野菜のサラダに手作りドレッシングとして。

    作り方は簡単!
    ・塩
    ・胡椒
    ・レモンやお酢
    ・和の玄米オイル
  • パンにつけても美味しく召し上がれます。
和の玄米オイル

販売価格: 3,000円(税別)

(税込価格: 3,240円)

在庫数 12点
数量:

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー